FC2ブログ
comin'home  サッカー・映画・競馬など・・・適当な日記です。
10≪ 2018| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
劇場版そらのおとしもの~時計仕掛けの哀女神~ 大ヒット御礼!! 2週連続 !? 凱旋舞台挨拶
4回目(爆)

朝、目覚ましのセット時間を間違えるw
ギリギリかな?と思ったけど、土曜日なんで電車もちゃんと動いてたよ。

ほぼ開場時間に到着。
チババさんと接近遭遇w
忙しそうなので声は掛けなかったけど。

今回はコンビニで適当に買ったんだけど、偶然にも端の席。
しかも、ゲストが入場する入口側の席じゃないか!
まあ、入口は結構遠いけどねw

今回は流石に落ちそうになったw
ここ数日寝不足に加えて、昨日も普通に2時まで起きてて
今日8時半起き。
目覚ましちゃんとセットしてたら・・・マジで寝てたかも。

つーことで、今回は内容に関しては何も書かないw
最初は総集編パートの中の新作カットがどんだけあるか、を探してたんだけどねw

終了後、ちょっと時間経って舞台挨拶が開始。
今回は蜂屋Pが司会。
野水伊織(ニンフ役)、藤田咲(トモ子役)、大亀あすか(ダイダロス役)の順で登場。
亀ちゃんは高いヒールを履いていたので、壇上に上がる階段でヨタヨタと・・・w

藤田さんは舞台挨拶初、ということだったけど、本編できゃる~んを何回言うか?と
ヤンフェスで言ってたけど、その件でラジオにリスナーさんから
ものすごーく気を使って褒められまくったメールが来たそうで・・・w

ガヤ頑張ったよ!ギャラ泥棒みたいな事しませんよ!と言ってたけどw
確かに、映画館じゃガヤが誰なのかまでは分らんので、ブルーレイ待ちかなあ。
因みにメインキャストは、長時間だったので余りガヤに参加せず・・・
藤田さんがメインで、一番マイクの前で頑張ってたそうで。

亀ちゃんもガヤ頑張ったそうで・・・文化祭のシーンとかね。

亀ちゃん「アニメ版では違う人がやってたんですけど」
蜂屋P「(間髪入れず)TV版ね」

お、俺らがさっき見てたの、アニメじゃないんだ・・・w

あと、一昨日辺りに一人で見に来てたらしい。

亀ちゃん「もう一回来ますよ!蜂屋さんに2枚チケット貰ったんで」
蜂屋P「だから、それは友達と誘って行けってことで」
亀ちゃん「一緒に行ってくれる友達がいないんですぅ(T_T)」

野水さんは真面目ですなあ。
初号試写回で、キャスト全員来るよ!って言われて行ったら
キャストは野水さん独り・・・あとはスタッフばかりだったとか。

で、終わって立ち上がれないくらい号泣してたらしいのに

スタッフ「野水さん、ネタばれしちゃマズイから、ブログに爆笑必死って書いといて」

ホント、心苦しくて辛かったです・・・って。可愛いのう。

まあ時間も短かったので、前回の時よりは濃い話は聞けなかったけど
亀ちゃんがまだ出没する可能性があるのは楽しみだw
まあ、平日だろうけどね・・・

さて、あと何回見に行くのかな(爆)
スポンサーサイト
2011'07'23(Sat)22:00 [ 映画 ] CM0. TB0 . TOP ▲
劇場版そらのおとしもの~時計仕掛けの哀女神~
3回目(爆)
今回は『水無月先生コメント入り 満員御礼!宝船カード(A4サイズ)』を貰いにね。

流石に空いてたw
まあ、この時期は家に居ても暑いんで、色々出掛けるんだけど
映画見るなら良い時間潰せるし、内容も良いからね。

しかし、暑いよなあ・・・
来週からは多少気温が下がるらしいが・・・

2011'07'16(Sat)21:20 [ 映画 ] CM0. TB0 . TOP ▲
劇場版そらのおとしもの~時計仕掛けの哀女神~ 鈴木達央さん登場! トークイベント 【裏話聞けます??? In 角川シネマ新宿 】
つーことで、忙しい中金曜も定時過ぎで上がって劇場へ。
今までは駅の地下通ってアルタ前に出て、そっから行ってたんだけど
今回は何となくdisk unionの方からぶらっと出て
そのまま劇場のある通りまで真っ直ぐ行くルートで行ったら
いつもより全然早く着く事に気付いた・・・orz

まあ先日の事もあるんで、早めに出たのは正解だったし
早いルートを見付けたのも今後の参考になるだろう・・・まだ見に行くの?w

前にチケット買いに行った時は、もう残り少ないです、みたいな感じだったけど
流石に平日の夜。金曜ってのを抜いても、余り人は多くなかった。
・・・ギャルが多いけどw
そりゃ、鈴木達央さんが出りゃな。

開演前にアンケートに記入。
まあ、読まれることは無いと思ってたけど、目を通してはくれるだろうから
ある程度の事は書いておいた。
やっぱり3期あるの?というのは気になるしねw

映画自体は2回目なんで・・・
1回目と違うポイントで泣けたくらいかなあ。
1回目は、ストーリーが全部分ってるんで、前半のセリフ一つ一つが
後半こうなるんだよなあ・・・と勝手に先取り?して変なところで泣いてたけど
今回はストーリーに併せて、普通に感情移入出来そうなシーンで泣けた。

あと、前半の総集編パートが、細かい所で手直ししてんなあ・・・と気付いた。
新作カット結構入ってるんだよなあ・・・実は。

まあ今回はトークショーがメイン。
出演者は総監督、監督、鈴木達央さん、蜂屋P。
黄樹弐悠Pは今回も間に合わず・・・ヤンフェスでも見れなかったなあw

トークショーの内容は、実は特典ディスクとかに入れるかも?ということなので
細かい内容は言えませんw
まあ、達央さんの事務所からNG一杯出そうだし(爆)
真面目だけど表に出して良いの?って感じの制作ネタも多いので
ホントに収録されるのかは分らんけど。

一番面白かったのは、やっぱり先生ネタかなw
先生、どんだけアニメ版好きなんだよ、って感じ。
あと、原作の幾つかはアニメでやってみろ!って感じで
書いてるのはやはりホントだったのか!というのが分ったw

監督に原作でまだアニメ化してないエピソードで、やってみたいのは?との質問で
斎藤総監督の選んだのはかなり意外w
いや、面白い話なんだけど、それが一番にくるのか?っていうのがさw
因みに最新のコミックスに入ってるエピソードだけど。

終わるまで時計とか携帯とか見てなかったんで、どのくらい時間が経ったかなあと
外出て見たらびっくりの23時w
上映もトークショーも多少押して始まったとはいえ、こんな時間になるとはw
タモリ倶楽部録画予約してねえよ・・・と思いつつ、ちゃんと間に合ったけどねw

トークショーで劇場版の内容をより理解したんで、次はまた新たな視点で見れるかも?
いや、マジでチケットがまだあるからね(爆)
2011'07'09(Sat)17:39 [ 映画 ] CM0. TB0 . TOP ▲
劇場版そらのおとしもの~時計仕掛けの哀女神~
昨日はこれ見る為に、アザゼルさんもBS11の放送で見たし
そふてにっも木曜日に見たw

ただ、公開初日に人気ある?映画を見に行くこと自体が久々。
上映時間もよく調べないで行ったら、丁度次が舞台挨拶の回で
次が15:00~・・・という時間に劇場に着いてしまったw

仕方ないので、時間潰しで色々。
買い物だの何だので潰してたら、そん時いた池袋が上映時間がもう直ぐ。
とりあえず見てみるか・・・と劇場行ったら、直ぐの上映時間は満席!
次も並んでる人が・・・というか、次見たら間に合わんw
ここ数日に来た荷物の受け取りを、18:00~にしてるんで。

当初の新宿行って、その時間ダメだったら今日は諦めるか・・・と思って
何とか劇場に入って並んでたら、次の回はあと数枚しかありませんとのこと。
俺の前は数人しかいない・・・具体的に10枚くらいとアナウンスがあったので
ホッとしてチケットを引き換え。
前の方の通路側で両側人に挟まれない席をゲット。

朝から何も食べてなかったので、ポップコーンをひたすら食うw
始まる前に止めたけどね、ちゃんと。

映画はネタばれもあるんで、内容は余り詳しく書かないけど
冒頭はかなりのギャグパート。
まあ原作通りなんだけど、このギャグパートで爆笑が起こらないのに違和感w

今回は総集編+新作、キャラもストーリーも原作読んでれば分ってるんで
まあ物足りないって人も多いかもしれん。
ただ、俺は初回ってのもあるけどかなり泣けた(爆)
いや、マジで泣けるストーリーだが、先が分ってるだけに
セリフ一つ一つの意味も先読みして、良く分らんタイミングで泣けるw

まあ原作からするとかなり端折ってる感じを受けるんで
同じ話で3期やっても全然おk!って思うんだけどね。
カットされたエピソード(ギャグ&暴走パートが多かったな)を
アニメで見たいのは俺だけじゃなくて原作者の先生もそう思ってるはずだ!w

さて、前売り券があと2枚・・・(爆)
一枚は今日届いたw
一応友人と行く予定なんで、前売り券はこれで消費出来るが
後何回見に行こうかなあ(核爆)
2011'06'25(Sat)20:52 [ 映画 ] CM0. TB0 . TOP ▲
寒い・・・
昨日は何か寝れなくて、布団入っても凄く寒くて・・・
結局明け方に寝れて、起きたのは11時くらい。
まあ睡眠時間はそれなりに取れてるけど、前日が働いたんで
全然疲れも取れてないし、眠くて仕方なかった。

今日は月曜日に買ったDVDを見てた。
THRASH METALムーヴメントを題材にした「GET THRASHED」という作品。
この映画自体は2007年くらいには映画祭とかに出てたんで
実際取材してたのは2005年くらいからかな?
今だとちょっと情勢が変わってるんだけどね。

結構前から一部じゃ話題になってたけど
当然日本では公開されず・・・向うでも映画館で上映したのか知らんけどw
DVD化も難しいかな・・・と思ってたら、今年になってやっとDVD化。
何故?とは思うけど、発売元がスラドミでお馴染みKING RECORDSなんで
多分、そっちの担当の人がプッシュしたのかなあとw

映画の内容は、THRASHムーヴメントの発生から発展、衰退から現状まで。
音楽性やバンドの中身までは余り突っ込まず、当事者やDJやライターなどの
証言を中心にサラッと流してる感じの構成。

まあ、最近の某B誌でも同じような企画も結構あったので
大体の話は聞いた事あるし、評価もこの映画よりあとのが多いんだけど
数年前のMETAL系映画で語られた事が多くて
そんなに目新しい事は無かった。
ただ、当事者自信が語る事に意義があるし、貴重な写真や映像の数々は
当時のシーンを実際に知らん俺にはインパクトがあったわ。

四天王はサラッと、でもちゃんと1バンド毎に扱ってるんだけど
Slayerの評価はこっちとはちょっと違う見方をされてるのは意外だった。
いや、音楽性を変えない事や、速さや攻撃的な音楽については一緒なんだけど
L.A.で成功を収めた、THRASH METALという点と
当時のL.A.では非常に稀な存在だったのがウケたというのが
日本じゃ分からない感覚だったねえ。

まあ都市毎のカラーとか感覚とかはよく分からんし
地元意識みたいのがアメリカも強いのかも知れん。
ヘアメタル全盛時代に、そのヘアメタルの中心地だったL.A.出身のバンドが
未だに世界一邪悪な音を出すバンド、というのが誇りなのかも知れん。

あ、あとTHRASH METALについて、アメリカ発祥のMETALだ!っていうのが
結構感じた。非常に誇りに思ってるのが伝わった。
まあ80年代にMETALの波がイングランドから伝わった時に
アメリカのバンドは・・・って言う思いが、当時有ったのは知ってる。
アメリカ人のヴァン・ヘイレン好きはその辺から来てるらしいんだけど
欧州よりもより過激で速いMETALを生み出したってのは
アメリカのMETALHEADS達からすれば、かなり重要な事なんだろうなあと。

最後の方にグランジが出て云々となって、オヤオヤ~もう時間無いぞ~と思って
悲しい終わり方かと思ったら、ギリギリ最近のTHRASHムーヴメントに繋がって・・・
いや、あのまま終わったなら落ち込む所だったw
まあ全体的にはどの話もサラッと触れる感じなんで
時間の割には長く感じたな。かなりの人が出てくるんでね。

途中のハードコア/パンクとの融合とかの話もあるけど
その辺は特典の方がより詳しく語られてると思う。
こっちも結構長いので、まだ見てないのが一杯あるんだよね。
監督のコメンタリーも聞きたいんだけど、そうなるともう一回見ないとw

ネタ的に数年前の話なんで、今だとBIG4でラスト、ってパターンもありだけど
これからもTHRASHは続く、でも基本はアンダーグラウンドだよって纏めなんで
この監督からするとBIG4は一大イベントだけど、本質は違うよって感じにしそう。
一人売れ過ぎたMETALLICAに関しては、結構流し気味だもんね。
まあ、METALLICAだけで2時間越える映画出来るけどさw

休日の暇潰しには良い映画だった。
今日見れないと、後は何時になるか分からんからねえ・・・
最近はホント忙し過ぎだ・・・
2011'01'15(Sat)23:51 [ 映画 ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。