comin'home  サッカー・映画・競馬など・・・適当な日記です。
03≪ 2005| 12345678910111213141516171819202122232425262728293004/ ≫05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
W杯最終予選、北朝鮮戦
ホームのイラン戦にてのゴタゴタにより、FIFAからの裁定待ちだった北朝鮮戦の処分が決まった。
中立国での開催、無観客試合と罰金いうかなり厳しい処分となった。
北朝鮮も3日以内に異議を申し立てることが出来るが、どのような反応をするかは未だ不明だ。
同じく処分を受けたイランは抗議する方針らしい。

バーレーン戦でも問題を起こしていたし、日本との関係上中立国開催は予想していたが
無観客は予想外だった。W杯予選でも初の事態らしい。
日本の立場からは何も言えないが、人工芝のスタジアムじゃないのは有利になるだろう。
後は開催地と日程が早く決まることを祈るだけである。
日程がズレるのは避けたいなあ。
スポンサーサイト
2005'04'30(Sat)23:55 [ サッカー ] CM0. TB1 . TOP ▲
改装工事
どうやら第一段階は終了した模様。
家の窓とドアに貼られていたビニールが取り除かれて、やっと外に出れるようになった。
天気も良いので洗濯をしようと思ったが、サンダル等外に置いてあったモノが
作業の邪魔だったのか、洗濯機の上に置かれていた。
洗濯機も位置がずらされている。

仕方ないとは思っているが、洗濯機まで行けないしゴミなどが散らかっていて洗濯をする気が失せた。
終わったらキレイにしてくれるんだろうか・・・無理だな・・・
2005'04'29(Fri)17:02 [ その他 ] CM0. TB0 . TOP ▲
磐田戦
今日は仕事が忙しく、全く観ることが出来なかった。
J-SPORTSの録画放送でゆっくり観ようと思っている。
どうやら岡田主審がまたやらかしたらしいが、もう本当に勘弁して欲しい。
開幕の横浜戦での誤審もそうだが、彼は主審としては信頼のおけない人物になってしまった。
それと誤審は誤審と認めて欲しい。

結果が出なかったのは残念だが、前節の酷い内容を引き摺っていないみたいなので
次こそ絶対結果を出す!という気持ちを、前面に出して戦って欲しい。

次は好調の名古屋。
今までの相性も悪いが、逆に開き直って全力で当たれる相手である。
連戦が続くが頑張ってもらいたい。

2005'04'28(Thu)23:51 [ サッカー ] CM0. TB0 . TOP ▲
磐田戦前夜
残念ながら明日も仕事で、TV観戦すら危うい。
GW前なので、片付けなくてはならない仕事が多いのだ。
順位では下からの方が早いクラブ同士の対戦だ(笑)
結果も大事だが、自分達のサッカーを思い出して欲しい。
2005'04'27(Wed)23:06 [ サッカー ] CM0. TB0 . TOP ▲
浦和戦以外のこと
昨日は体調が悪かったこともあって、試合後寝てしまって
スポーツニュースも全く見なかったのだが、大事件が起きていた。

「J最悪!柏サポーター暴動、10人以上負傷」

この試合終了間際に目が覚めて、最後の方だけちょっと見たのだが
確かに試合終了後の名古屋サポーターの喜びようと柏サポーターのブーイングに
ちょっとヤバイんじゃないかあ・・・と思っていたが、まさかこんな事態になるとは。

日立台はJリーグでもトップクラスの見易さとピッチの近さで人気のあるスタジアムだが
今シーズンの開催は今後無いかもしれない。
今回の件でのJリーグの対応にも注目である。

話題を変えて笑える記事。

「東京のジャニーズコンビが大黒つぶす!」

>ルックスだけなら、すでに決着はついている。
>東京の増嶋、馬場のイケメン2人がG大阪を撃破する。
>相手エースはつぶやきシロー…ではなく大黒。お笑い系には負けられない。

結果大黒がハットトリックで増嶋は指揮官に名指しで戦犯扱いされ途中交代。
競輪担当の記者が書いたらしいが、増嶋は実力より人気先行と言う感じだし
本人もそういう扱いは嫌がっていたはず。
日本人トップのFWに売出し中の若手DFが挑むという記事なら、他に書きようがいくらでもあったのに。
結局この記事で馬鹿にされるのは増嶋で、記者は書き逃げというのが現状。
こんな記事しか書けない記者がいるから、スポーツ新聞の売上が落ちているのでは?

2005'04'24(Sun)15:20 [ サッカー ] CM0. TB0 . TOP ▲
C大阪戦
駒場でのC大阪戦。
ハッキリ言って何も書きたく無い。
年に1回はこんな酷い試合がある。
システムとかメンバー構成とか、そんなモノでなくて敗戦。
全員頭を丸めてくれ。
2005'04'23(Sat)20:02 [ サッカー ] CM0. TB0 . TOP ▲
携帯を替えました
正確には携帯ではなくてPHSだ。もうかなり長いことPHSを使っている。
今回は京セラ製のAH-K3001V(ネイビーブルー)
に機種変更した。
以前使っていた端末には不満はなかったのだが、このところバッテリー消費が早いのと
そろそろネットが出来る端末をと考えていたので、変更に踏み切った。
携帯に替えることも考えたが、なんだかんだ言ってPHSの方が安いので・・・

5月からWILLCOMの定額プランが始まり、4月中に申し込むと5000円キャッシュバックということで
これを期待して店員に聞いてみると、どうやら機種変更はダメみたいだった。
現在の使用料金とWILLCOMの定額プランとを比較すると、定額の方が割高になってしまうので
とりあえず現状通りのプランにしておいた。

実際に使ってみると、長いことSANYOの端末だったので
京セラの端末のセオリーみたいのが分からず非常に苦労している。
ネットは他機種を使った事がないので比較出来ないのだが、普通のHPもちゃんと見れる。
やはり画像が多いところは表示に時間が掛かるが、それでもちゃんと見れた。
とにかく驚いたのが液晶のキレイなところ。
正直自宅のiMacよりもキレイなのでは?(笑)
早く液晶保護シートを買ってこようと思った。

まだまだ使いこなせないが、ネットはそんなにやらないと思う。
とりあえず変更後の請求書を見て、プラン変更等を考えよう。

全く関係ない話だが、自宅アパートで外装の工事が始まった。
今日は足場を組んだだけみたいだが、なんとウチの洗濯機の周りに足場が組まれてて
洗濯機に近づけない状態になってるじゃないか!
多少不便になるのは仕方ないと思ってるが、もうちょっと考えて組んでくれ・・・
2005'04'18(Mon)19:23 [ その他 ] CM0. TB0 . TOP ▲
皐月賞
今回も外れた・・・まさか映画馬券とは・・・・

大本命のディープインパクトに逆らう気はなかった。
数年に一度は、彼のような無敗の本命馬が出てくる。
そのたびに疑ってみるのだが、今年はマスコミだけでなくて
競馬界でも「あいつには勝てない」という雰囲気が出ていて
他厩舎からも勝って欲しいというコメントが出てきていたので
本当に強い馬だと認識していた。

こんな雰囲気はアグネスタキオン以来だろうか。
ナリタブライアンは強さはあったが、皐月賞の頃はまだ隙があったと思えた。
引退後振り返ってみると、この頃が一番力が抜けてて強かったのだが。

予想はディープインパクトから全て馬単流しで1・3・13・18に流し。
大穴でダイワキングコンを買い、悩んだ挙句にデムーロ効果を期待してヴァーミリアンも買った。
人気のアドマイヤジャパンは大外枠を引いたため、無理せざるを得ない状況なので切り。
思ったより配当が付くので、シックスセンスも買おうかと思ったのだが・・・

レースは観客がどよめいたディープインパクトの出遅れ&大ヨレで始まった。
スタートが悪い馬なのは知っていたので別に気にはならなかったが
ヨレ方がちょっと危険な感じだったので、足への負担が気になってしまった。
その後武豊が上手く立て直し後方につくが、向う正面で早くも上がっていったので
これは?と思ったがそのまま4角までスムーズに上がっていって
気合をかなり付けられていたが、あっさり先頭に立ち気を抜かないように
2・3発鞭を入れられて、後は持ったままでゴール。
強すぎる。こんなに強い馬は正直見たことないかも知れない。

向う正面から4角まで追い通しだったので、直線はちょっとは足色が鈍ると思ったら
追えば追うほど伸びそうな手応えで、余裕のゴール。
小柄な馬だけに、馬込みに入ったら苦戦しそうだが、大外を回るだけでどんなレースにも勝てそうだ。
ビデオでしか見たことがないがシンザンはこんな感じの馬だったんだろう。

古馬もスターホースが引退し、競馬界も明るいニュースが少ない中
久々に誕生した無敗のクラッシック馬。
現状では彼を実力で破る馬はいない。
ダービーまでに他陣営がどう対策を練るか。(無駄になりそうだが)

しかし馬券が全く当たらない・・・俺も対策を練らなくては。
2005'04'17(Sun)20:38 [ 競馬 ] CM0. TB0 . TOP ▲
初勝利!!
遂にリーグ戦初勝利!
しかも苦手の瓦斯相手である。

ネネが怪我したこともあって、今日もメンバーをいじってきた。
DFは右から暢久・堀之内・坪井・内舘の4バック。
中盤は啓太が底に入り、長谷部が高めの位置で
アレと永井はアレがWBくらいの位置で、永井はFWくらいの高さだった。
去年の天皇杯で瓦斯と対戦したとき、4バックが機能したので今回もあるのでは?と思っていはたが。

試合は前半はお互い五分五分の展開。
瓦斯の方が決定的場面を作ったが、ゴールまでは行かなかった。
浦和はシュートは枠に行ってるがやや遠目の位置からで、決定機を作るまではいけなかった。

このクラブの対戦は、海外の新聞か何かで紹介されたくらい熱い対戦として知られているが
実際の試合内容はお互い潰し合いが多く、ちょっとつまらない内容が多かった。
今年の対戦は意外と面白かった。

瓦斯はケリーが抜けて、ボールが良く回るチームになった感じで得意のプレスも健在。
プレスからの速攻が数少ない攻撃パターンだが、今年は中盤の今野と栗澤の飛び出しが見事で
浦和の急造バックラインを何度かピンチに陥れていた。

お互い自分達のサッカーは出来ていたので、特に変更無く後半に入ったが
瓦斯の方がやや攻勢に出てきた感じだった。
しかし浦和が先制。前節の清水戦を逆にしたエメのゴール!
そして殆ど点が取れないセットプレーからの堀之内のゴール!!
堀之内はチーム内得点王だ(笑)
勿論先制された瓦斯も必死に攻撃を仕掛けたが、坪井が決定的なゴールを何度も防ぎ
交代で入った瓦斯の若手も慌てたのか正確性の欠けたシュートが多く
見事リーグ戦今期初勝利となった。

以前から今年のメンバーなら4バックもありだと思ってただけに
今日の勝利は単なる初勝利だけじゃくて、大きな意味があると思う。
ネネの怪我の具合次第だが、次節も4バックで行っても良いだろう。

最後に堀之内について。
ユニバ組の中では出遅れた感もあるし、本来のポジションと違うDFでの出場が多く
本人も色々考えた時期があったと思う。
同期の三上や山根は別のクラブでレギュラーとなっているし
坪井は代表常連となり、平川も早々とレギュラーを獲得した。
そんな中、若手のリーダー格としてサテライトで黙々と試合を重ね
短い時間でのトップ出場で、あまりアピールも出来ない中でも
腐らずに頑張ってきた成果が今日出てきたと思う。
アルパイがそろそろ戻って来るが、今のレギュラーは俺だ!と胸を張って言えるはずだ。

試合終了後、坪井が滅茶苦茶嬉しそうな顔をして堀之内を祝福していたのが印象的だった。

さて、やっとシーズンが開幕した気分だ(笑)
今日は久々にスポーツニュースをハシゴするつもりだ。
2005'04'16(Sat)18:18 [ サッカー ] CM0. TB0 . TOP ▲
清水戦雑感
Jスポーツの放送で清水戦を観た。
試合後、ゴール裏では無言が多かったらしいが、それも納得の内容だった。
決して悪い試合内容ではないと思う。
選手も手を抜いている感じは見られない。
ただ、ゴールが入らない。
清水がよく守ったとも言えるが、それだけでは済まない事態になりつつある。

守備はDFが揃わないのもあるが、プレスが連動していないのが
去年の終わり頃から続いていると思う。
そしてプレスが連動していないから、奪ってからの動き出しも遅く
結果FWのみの攻撃となっていて・・・という悪循環。
頼みのFWも、今年は各クラブに研究し尽くされた感じである。

少し何かがズレている感じだが、一気に解決する方法はなさそうである。
まだ我慢するときなのかも知れないが・・・
ちょっと流れを変えるという意味で、ここらで梅田や横山を見たい。
2005'04'14(Thu)23:30 [ サッカー ] CM0. TB0 . TOP ▲
清水戦
結局家に着いたのは後半40分過ぎ。
引き分けは非常に残念である。
今日は連戦の影響もあるだろうが、何人か入れ替えてきた。
その成果が試合でどうだったか、明日にでも録画を見直したい。

本当は勝ち試合をじっくり見たかったのだが・・・(苦笑)
2005'04'13(Wed)22:27 [ サッカー ] CM0. TB0 . TOP ▲
横山が代表初選出
カニこと横山拓也選手が、U-20代表に選ばれた。
単なるトレーニングキャンプなので、アピールすると言っても難しいだろうが
精一杯頑張って欲しい。

正直言って、浦和に来るまではどういう選手なのか全然知らなかったが
今では一番期待している選手だ。
浦和でも代表でもFWの層は厚いと思うが、是非実力でレギュラーを獲得して欲しい。

明日は清水戦だが、仕事で開始まで間に合いそうにない。
一応早く帰るつもりだが・・・
2005'04'12(Tue)23:11 [ サッカー ] CM0. TB0 . TOP ▲
桜花賞
今回も大外枠にやられた。
本命だったシーザリオは、速い流れへの対応に不安があったが
予想通り序盤のペースに付いて行けず、阪神特有のコーナーワークにも苦労しているようだった。
直線では前が塞がってしまい、実力通りの競馬が出来なかったみたいだ。

勝ったラインクラフトは、外枠と脚質から早々と馬券対象から外したが
外枠を意識して、良いスタートから前に着けたのを見てヤバい!と思ってたら
見事なレースであっさり勝たれてしまった。

シーザリオはオークスでは一番人気になるだろう。
逆にラインクラフトは、マイル以上のレースは厳しそうな馬である。
マイルカップに進むのだろうか。

来週こそ適中したい。
2005'04'10(Sun)23:32 [ 競馬 ] CM0. TB0 . TOP ▲
ガンバ大阪戦
意外にもG大阪の試合を生で見るのは初めてだった。
今までは駒場での開催が多く、チケットが取れなかったり用事があったりして
中々機会が無かったのだが、今回は埼スタ開催だったので楽にチケットも取れた。

浦和は前節の退場が響いて、堀之内・坪井・内舘という3バック。
本来なら堀之内が真ん中を務めるはずなのだが、前節の坪井が予想外に機能したので
堀之内はストッパーでの出場となった。
中盤は酒井と啓太のダブルボランチに、長谷部のトップ下。
以前からファンも自身も望んでいたトップ下だったが、結果だけ言うと失敗だったと思う。
本人の実力や資質の問題ではなくて、チーム状態や相手の作戦によるものだと思うが。

G大阪は宮本を控えにして、シジクレイを中心とした強固な3バックで守り
大黒の1トップにフェルナンジーニョとアラウージョが自由に絡む攻撃陣で
浦和のエメ&達也の2トップに対しては、常に4人で見るようにしていて
前後が分断されるような感じだった。

対する浦和も、G大阪の3トップを押さえる為か両サイドが試合開始から低い位置にいて
前線の3人が孤立する形が多く、お互いに前後分断サッカーだったので
イマイチ面白みの無い試合内容となってしまった。

浦和はオフト時代のようなサッカーで、速いFWが何度もチャンスを作ったが
今年はフィニッシュが中々決まらない。
G大阪は前にボールが渡った途端、ショートパスを連発するので
浦和のDFは落ち着いて対応出来てしまい、シュートまで持って行けなくて
大黒も孤立したまま交代してしまった。

後半、G大阪は状況を変えるために吉原を投入。
3バックの前をトレスボランチ風にして、2トップの下にブラジル人コンビが並び
より攻撃的な布陣で望んできた。
浦和は対応に追われてしまい、後半は殆どG大阪ペースになってしまった。

堀之内は初得点も決めたが、失点にも絡んでしまった。
ただ、ゴールを決めたアラウージョをフリーにしてしまったのも事実だが
その前にパスを出した遠藤がフリーでいたのも事実。
遠藤を見る為に前に出たので、アラウージョがフリーになってしまった。
どちらをマークするかは状況によると思う。
堀之内の対応は間違ってなかったと思う。
あの場面で一人づつマークがズレていたのが問題だった。
この試合、中盤の連携がなんとなく悪かったのが最後まで修正できなかった。

未だリーグ戦で勝ち星がない。
まあそれ程心配はしていないが、開幕からメンバーが固定出来ないのは痛いと思う。
出場停止は問題外だが、試合中の怪我が多いのは気になる。
現在は中盤の人数が不足していると思う。
永井が帰ってきて、右サイドをやれるなら、多少は楽になりそうだが・・・
高卒で一足先にデビューした細貝選手は、短い時間ながらアピールをしていた。
持ち味のゲームメイクは見せることは出来なかったが、今週は過密日程なので
まだ出番はあると思う。
他のルーキー達も頑張ってもらいたい。
>> ReadMore
2005'04'09(Sat)21:02 [ サッカー ] CM0. TB0 . TOP ▲
大分戦
今日の試合について、暫く時間が経って落ち着くまでは
BOLGを更新しないと思っていたが、やはり無理だった。
納得いかない試合というのは、長いリーグ戦の中で何試合かはあると思う。
だが、今日程はらわたが煮え繰り返るというのを通り越して
呆れて半笑いで試合を見るというのは久しぶりだった。

前回は埼スタの柿落としの試合だった。
あれは余りにも不甲斐ない試合内容だったのが理由だが、主審のジャッジが酷すぎるというのは
W杯のイタリアvs韓国戦以来だろうか。

アルパイのレッドは、そもそも最初のイエローがどうかと思うのだが。
試合開始間もない時間にいきなりイエローを出すのが、俺はどうかと思う。
もちろんファウルの程度によるとは思うが、アルパイのはまず注意してから
同等のファウルを犯した時にイエローを、というのが良い主審だと思う。
とにかく日本のレフリーはカードでしか試合をコントロールしようとしない。
特に外国人選手には、問答無用でカードを出す風習がある。
まず注意を与えておけば、カードを貰ってもすぐにキレることも減るはずなのだが。

ネネのレッドは妥当・・・と思うが、前半早い時間に一人退場していることを考慮しても?
と思うのは俺がレッズサポだからだろうか。
ただ、レッドに相当する危険なプレーを全てレッドカードを出すという方針ならば
後半の大分の選手(名前は失念)はレッド2枚のファウルを犯していた。

山田暢久のイエローも納得がいかない。
以前からJリーグでのシミュレーションの取り方がおかしいと思っていたが
今日のプレーも、暢久が飛ばなければ岡中の手が踏み潰されたと思う。
危険を回避する為にダイブするのと、欺く為にダイブするのは違うはずだし
それを見極められない主審が多すぎでは??
ダイブ=シミュレーションという杓子定規の判定しかできない主審は即刻辞職してもらいたい。

退場した2人は反省してもらいたいが、残った9人、交代で出場した選手には拍手を送りたい。
殆どの時間を9人でプレーしたにも関わらず、大分をしっかりと押さえていた。
負けてしまっては意味が無いかもしれないが、今日の試合は今後に繋がると思う。

最後にギドのコメント。
少々言い過ぎとは思うが(笑)
http://www.urawa-reds.co.jp/tools/cgi-bin/view_sokuhou.cgi?action=view
2005'04'02(Sat)22:51 [ サッカー ] CM0. TB0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。